2008年02月08日

ドル円相場少し動く


ドル円105円台がかなり底堅い様子だったせいか
結局107円台後半まで反発してきました。

一般的には直接的な介入は無いと言われますが105円台の底堅さは不気味ということでしょうか。
それともイベントG7前でドル売りポジションを減らすということでしょうか。

ただ、108円台・・・

108円台前半にはいわゆる実需の売りとされる
輸出業者の売り、108円台後半にも追加売りがあると言われています

109円台に上げていくのは当分困難ではと思います

短期的には107円後半から108円前半の売りが役立つのかもしれません

逆に109円以上に跳ね上がるようならどのあたりかでサポートラインが出来るのかどうか見て買いに入るとよいのかもしれません

どういたしましょうか。何もしないのも良さそうですね。





posted by 為替tomo at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。