2008年01月05日

ドル下落108円を一時


年内には落ちてこずに年を越しましたが
ドルがついに下落してきました。


非農業部門雇用者数12月 が基本的な重要指標で
その変化は

予想7.2万人 今回結果1.8万人
もともとぶれがある指標かもしれませんが
予想より大きな下回り具合と言ってよく

ドル売りの流れは自然ということになるでしょう

108.30どころを割りつつも
108円ラインで踏みとどまる形で反発もありそうです

ただ、このラインを踏み外すとまだ下落余地がありそうです
105円付近まで行ってくれれば私としては嬉しいですが。。

私の新年の売買用口座のポジションは
ドル売り1枚のみでした

12月から持ち続けていた
2007/12/12   ドル円売り111.52円
スワップも3000円くらい支払っています

そのポジションについては2.5万から3万のところまで
利益が出ていますが相場は気まぐれなので先のことはわかりません

ただ、持ち続けている投資としてドルスイス買2枚や外国株の投資信託などがありますのでその一部ヘッジ的な役割があります

ドルスイスは スイスがしっかり、ドルが弱いという流れでかなり厳しい展開です

投資的に考えると
リスクをどれくらい容認できるかと
リターンをどれくらいの求めるか、
時間的にもどれくらいのスパンで考えるか

で行動が変わってくると思いますから一概には言えませんが

ドルスイスを長く持っている人も
週足で見て前回の最安値を切るようでしたら
ドルスイスを売る方法もありだと思います

ただし、反発するならばその直前が丁度買いどころというのが難しいところですね


ランド円も下げてきたので1枚だけ買いました。
15.90 これはスワップ狙いです

今後は様子を見て
ドル円を売ったまま、豪ドル円を買うことも検討中です
トレイダーズ証券は豪ドル/ドル ペアがありませんが
ドル円を売って豪ドル円を買えば 
豪ドル/ドルを買ったのと仕組み的には同じ効果になりますね

では良いトレード





posted by 為替tomo at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。