2007年12月05日

クロス円の動きが独立

これまでのクロス円の動き、流れが変わり始めているようです

各通貨ペアのチャートを重ねて見比べているとわかるのですが
連動の仕方が少し変わってきているように思います。

豪ドル円、カナダドル円、ユーロ円、その他ランド、ニュージーランドドルなど波がばらけてきました。

それぞれの国の事情や景気など関係が変わり始めているようで

為替相場の動き方が変わるかもしれません

これまで、

ユーロ円がこのあたりが買いどころ、ドル円が、豪ドル円がこのあたりで買いどころなどという風に感じていた感覚があると思います。

この相場のうねりではその感覚が狂いやすいのではないでしょうか。

ひとつの通貨を集中して扱ってきた場合、各通貨の狂いの波に飲まれてしまう可能性が高まりますので

ドル円、クロス円、ドルストレートあたりを見比べながら対応していきたいところです。

今週は様子を見ながら慎重にどうぞよいトレードを。。。





posted by 為替tomo at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。