2007年11月10日

ドル円長期チャートで買い場を探す

ドル円はミシガンをきっかけとして下げています。

ミシガン大学消費者信頼感指数-11月(速報値)
大方の予想80.0  今回75.0 前回80.9

ミシガン指数ではそれなりに良い値が出てくれるかと思っていた投資家が多かったのではないでしょうか

今回の数値が期待はずれだったことだけは確かなようです

1976年からの長期チャートを出して
一目均衡表の線と合わせながらざっと眺めて見たのですがあまり古い時代は参考にはなりませんね

でも1990年代は勉強になります

私はその前から個人輸入をしていたので円高は感じていたと思います。
1995年の84円台は今から考えると本当に行き過ぎだった感じがします。

バブルははじけていたのにまだ景気が持ち直すと多くの人が感じていた時代です。


円高の目安 

長期チャートの中でも最近10年間を中心に判断すると
105円付近というのはひとつのサポートラインになっている感じです。

円高の今後の目安(買い場所)としては

110円前後(一目均衡表の雲の加減下限あたり)

105円より上の抵抗帯 
105.50から108.50あたりが摩擦が大きい様子

のように感じます

なので 私の実戦略としては 本当は・・・
110 で1万ドル買い、
108 で1万ドル買い
107.50で1万ドル買い

というのが良さそうに思います

積極的なら150万の資金で

110.50で1万ドル買い
109 1万ドル買い
108 1万ドル買い
107 2万ドル買い


でもありでしょうか

ですけど、私のポジションは

セントラル
100万円で
ポジション2万通貨ドルスイス買 含み損

トレイダーズ
150万円でポジションスクウェア

FXオンライン
何十万円かでポジションスクウェア

ということになっています

ドルに対して消極的なので
108.50付近で1〜2万通貨

他は豪ドル、ランドとなるかもしれません

ドル/円 新規 買 10,000 リミット
108.60 指定日時まで 2007/11/15 13:00

というわけで108.60で買いで出してみました。
変更することもあります。





posted by 為替tomo at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。