2007年09月19日

豪ドル利益確定両建て

オーストラリアドル円 98・10で買い指値が約定したものがありました。

記事、トレイダーズ証券オセアニア通貨CP
の時のものです。

丁度今回のサブプライム騒動の走りに巻き込まれた形で約定し
その後急落相場で厳しい展開でしたが
スワップを4900、差益を6000円以上つけていましたので
利益確定的にストップ売り指値を新規で付けておきました。

98.30で指値して ストップなので98.20付近で約定
元の買いポジション  6,580円
新しい売りポジション -950 円 という差益です
額は小さいですが両建てで差益を囲い込みですね

売りポジションは97.60で買い戻し指値を置いています。

サブプライムの落ち初めに豪ドルが約定し
そのポジションは数万円のマイナスが出たようですが
なんとか買値以上に戻ってきたことでこうして
利益確定の形が出来ました。

ただ、為替であっても「戻らない相場」もあるのでリターン期待でレバレッジを大きくしている人はその分リスクもあるということを念頭に資金管理を必要とします。

世界的には物価高の流れは否めませんので
資源国通貨の豪ドル自体はまだまだ上がる余地はあると思います
利益確定も本来なら早すぎる感がありますが・・・
トレイダーズ証券でのアイスクリーム権利獲得の為の取引だし安全な方を選んでおきます。

両建てなのでほんの少しずつのスワップと手数料はマイナスです
今週のうちに豪ドル97.50処まで落ちてきたら売りポジション決済で
差し引き、また買いポジションをひとつ持つことになります

現在のポジションFX取引業者の振り分け

ドルスイス2万通貨 買い スワップ足して数万円マイナス
資金100万 FX業者:セントラル短資オンライントレード

ドル円 1万通貨 買い スワップ足して 27000円プラス
ランド円1万通貨 買い スワップ足して 2千円プラス
豪ドル 1万通貨 買い スワップ足して1万円強プラス
豪ドル 1万通貨 売り         千円マイナス
資金150万 FX業者:トレイダーズ証券

サブプライム問題以上の急落相場を乗り切るために
為替相場は上にも下にも行き過ぎる時がまた必ず来ます。
今回のことでのどもと過ぎれば忘れるではなく
スワップでも売買差益狙いでもレバレッジ利益確定ロスカットなど資金管理の大切さをおぼえておきたいものです。






posted by 為替tomo at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。