2007年08月08日

FOMC金利据え置き

FOMCではFF金利を5.25%に据え置きました。

直後の反応は下げです。
ドル円の為替相場では118.50から118.00付近を目指しています。
118円を下回った場合、
117.50付近が先ずは攻防になると思います。

金利を下げなかったことで115円以下に簡単には突入しないと思いますがまだまだ上がるか下がるかわかりません。
皆がトレンドについていこうとしているのではないでしょうか。
そういう時は大きく動きそうな気もします。

発言、声明の文言の表現、空気感に注意したいところです。

ドルスイスは1.1970付近から1.1920付近へ移動しています

声明内容の文言、どちらつかずとは思いますが
アメリカ経済の先行きについてポジティブな発言が継続してきたので
もしそれが弱めの発言に変わっていたらドル安
強気の発言継続ならドル高でしょう
あいまいになっていたらややドル売りでしょうか。






posted by 為替tomo at 03:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。