2007年08月06日

トレイダーズ証券で証拠金比率計算変更

トレイダーズ証券は私のメインのFX為替取引業者の1つです。

情報レポートも優秀で、チャートも新旧2種類あって私には使いやすいですが、以前は通貨ペア数も少なく、円がからまないのはユーロドルしかなかった時代がありましたのであまり紹介してきませんでした。

いま円高気配があり、ドル円につられて下げているクロス円がないかと物色しています。

そんな中、二つのお知らせURLが目に入りました。
必要証拠金計算方法変更のお知らせと
オセアニア通貨のお得情報です。



証拠金比率の計算方法変更
以前は決済か新規かで証拠金計算要素になるかどうかが分かれていたと思うのですが、今回の変更で新規だろうと決済だろうと注文が約定した時点でのポジション総計で証拠金比率を計算するようです。

要はいくつ両建てしていても、買い3枚か、売り3枚か合計で証拠金を拘束するということです。


累計スワップや差額損益など、ポジションごとの損益計算は今までどおりできますので大丈夫です。

必要証拠金を計算する時に総合ポジションだけ把握すればいいので計算は楽になったと思います。

インターバンク取引方式と同じで、要は自然な計算方法で出来るということですね。

画像で示すとこんな感じです。
すこし字の収まりが悪いですが
右画像の説明は横2行ずつよんでくださいね

トレイダーズ証券内・必要証拠金計算方法変更のお知らせ






posted by 為替tomo at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX為替業者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。