2007年07月27日

円高でドル円は

急な円高が進んでいます。

円独歩高に近い状態と言っていいでしょうか
きっかけは特別な指標などではなく
前からあったはずの米国経済の不安再燃

サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅ローン)担保債権への
格付け引き下げなどが影響しているようです

米住宅市場へ投資しているヘッジファンドや金融機関に対する不安にもつながり、リスク回避のうごきと思われます。

米国株安、シカゴ日経先物、それぞれ大幅に下落
このたびのドル安も加わって
今日の日本の株式市場は全体に大きく下げる可能性があります。

日経225も何百円か下落しそうな気がします。

ドル円は118円に迫る状態
為替tomoのまつ117円台まで落ちてくるのでしょうか。

さらに116円台を再び見ることが出来るのでしょうか
怖いような楽しみなような感じです

ドルだけが下げたということでもなく、キャリートレードの手仕舞いも見られます。

香港ドル/円は下げています。USD/HKDはほとんど下げていません
オセアニア通貨対円で下げています。









posted by 為替tomo at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。