2007年07月11日

ドル円急落2

ドル急落ですが一目で見ればまだ反発位置は

日足の雲上(いまここです)
日足の雲の中から雲の下

週足の雲上
週足の雲の中から雲の下
と四つあります。

これと過去のサポート&抵抗ラインが重なっているところに注目です。
自分のポジションがどこまで下がっても大丈夫か資金管理が大切です。

特に119円後半の抵抗ラインは簡単には下回らないはずですが

日本の経済も回復していますしきっかけがあればわかりません。

この一目均衡表の雲ですが私はトレイダーズ証券のトレイダーズNAVIのチャートが使いやすいです。
トレイダーズの標準のチャートの隣のところです。
これは今の標準のチャートがつく前に標準だったものです。
軽快で切り替えがさくさくできて便利です。
私が個人的に使い慣れているのもありますけど。

ドル円は雲が厚いので反発の力があると思います。
ランド円の押し目買いは雲の薄いところがありますのでそこを突っ切るリスクを考えておく方がいいです。
南アフリカ、ランド円で買うランド建の債券も人気があるようですがこの円安局面ではとても買いに入れませんでした。

strong>為替相場全体
日本円が上がっていること
ドルが下がっていること
キャリートレードの解消が見られること
ユーロだけは強い推移ながら対円では下げている

為替相場全体ではそういうところが見えます。






posted by 為替tomo at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。