2007年02月24日

ドル、レンジ相場か

テクニカルではユーロドルに上髭が出ていますね。

ドル円では下げた分だけ上げてまた上値を抑えられ、三角持合(ペナント)形成の雰囲気を持ってきました。

ユーロドルはこの1年ほど素直な通過ペアに思えない動きだったように思います。
だましが多く、スッキリしない正確をおびてきた気がします。

ドルはチェイニー米副大統領が一部報道メディアのインタビューに応じてイランへの攻撃の可能性を言及。

スイスフラン中心にドル売り相場に。

この情報は少し早めににセントラルの短資の情報欄で見ていたので予想通り。

週明けの動きの方が気になります。121.50を週足で超えられなかったのは下向きの力が優勢という感じで先日の売りたい気分は正解だったのかもしれません。

とはいうものの、いつかは120円を切って落ちていくことがあるでしょうが、今のラインでそのまま落ちていくかは五分五分なんでしょう。

売り参加出来た方は含み益が出ているはずですが、122円に再度チャレンジもあるのかもしれませんのでその点は要注意ですね。

122円付近でどちらに力がかかるかが目先の焦点になってきています。
その時上値が抑えられればぐっと落ちてきそうです。
122円を週足で上抜けることがあったら125円も夢ではなくなってきますね。

う〜んドルを116円あたりで
利益確定しなければいまごろよかったかも・・・(笑)







posted by 為替tomo at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。