2007年02月14日

ドル、スイスと円に弱く推移

ドル円が落ちています。
ドル円ほどではありませんが、ドルスイスも弱くなっています。

ドル円の要注意ラインではテクニカルの要因についても紹介しています。

ドルとの金利差が大きいキャリートレードの通貨ペアが若干手仕舞いされているのでしょうか。

キャリートレードはヘッジファンド等の有力な運用法の一つです。

先日のヘッジファンドへの各国の注目度がとりあえずのところ、じわりと効いているのかもしれませんね。

・・・かといって売りに参加してもまた反対向きになりそうでこわいです。ハイレバレッジでされる方はどちら向きもどうか慎重になさってください。

私のほうは特に指値もありません。
ランド円は思ったより随分底堅いです。
かといってこのレベルでは・・・
私の感覚ではユーロポンドが少し気になる動き方です。

それでは良いトレードを。








posted by 為替tomo at 22:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
興味深く読ませていただき、大変参考になりました。ささやかながら、「応援!!」ぽちっ♪
Posted by FXで生活できるか? at 2007年02月16日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。