2006年12月25日

ドル円全面高今後の相場は

米国12月ミシガン大学消費者信頼感指をきっかけにしてかドル全面高に。
予想:90.2今回:91.7 前回:90.2
短期筋がストップロスを押し切りながら怒涛の買い立て

ドルロングで待っていた方おめでとうございます!


さらなる上値に期待したいところですが今後の相場は上値的には節目を迎えるラインに接近です。

119.90、119.70付近は過去しっかり上値を抑えられて下降したラインです。
先ずは今回のドル上昇に満足感がでていると思います。
各通貨から利益確定の売りが入ってくるでしょう。

ドル円で言えば119円台でやはり確定売りが増え、119.50辺りから新規打診売り圧力が強くなってくると思います。

RSIでは70辺りまで上昇でそれなりの過熱感を示しています。
長期的には週足などでみるとまだまだレンジ内の上昇でトレンドの出来初めなのか、ボックス相場なのか見極めができません。

トレンドに乗るか、レンジ相場と見て逆張りするか難しいと思います。
年末年始は上下が激しくだましも多くなると心得ておいた方が良いと思います。

ドルのスワップを対円で少なく見積もって100円強とします。
3ヶ月で約1万円のスワップポイントです。

なので3ヶ月を1万円と価値付けします。
1週間以内に1万円以上(例えば1円以上)の差益がついたら利益確定する
1週間以内に5千円以上の差益がついたら利益確定するなど

時間を金額と連動させて
上下幅を想定して売買を考えると良いと思います。

私のポジションはドルスイス2枚で買い
今回のドル上昇で
スワップを加えるとプラス推移に復活しています。





posted by 為替tomo at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。