2006年04月25日

セントラルの取引表示

セントラル短資オンライントレードの注文ミスはどうやらミスではなかったようです。

決済を受け付けて処理されても、それはセントラル短資内だけのこと。

それが市場で正常に決済されるまで未決済として表示されるだけのことでした。

フリーダイヤルに電話確認しました。

瞬時につながり、わかりやすく適切に説明してもらい、気持ちよく対応してもらいました。


最近新取引画面が使えるようになっています。



読む前にちょこっとお願いしま〜す
くつろぐ為替株ランキング
(為替というリンクにて為替ブログを絞り込めます)
現在セントラル短資オンライントレードでは新取引画面と旧取引画面が使えることになっているのです。

指定決済という取引があります。

持っているポジションを指定して決済するという仕組みです。

セントラルは基本的にはポジションごとに管理するポジション指定決済ではなく、通貨指定で両建てか決済かを選ぶという決済方式でした。

つまり、通貨ごとに売りと買いのみを概念として持ち、売りの数値が大きいか、買いの数値が大きいかで売買、決済していくものです。

実質同じことなのですが、複数のポジションを建てながら管理したいという人や、他のFX業者で慣れている人にはなじみやすいはずです。


セントラルでポジションを作ったのは初めてでしたが、なんだかんだで現状2万数千円プラスなのでほっとしています。

セントラルは完全スクエアです。

もう1つの口座はドルへの警戒記事をUPした後、
116.10買いの指値を114.90買いに差し替える予定でしたが、
忘れていて、次に見た時には116.10で約定していました(汗)


日本株とドル円の流れでは徐々に円高でも日経平均が上昇することが増えてきているような気がしますがどうなんでしょうね・・


こちらも行ってみて下さい
外国為替証拠金取引のブログ→為替情報ブログ






posted by 為替tomo at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引06前期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。