2006年03月21日

円ショートに下ひげ出現でも

3月20日23時過ぎてドル円などに下ひげ出現です

ドル円買い、ポンド円買い、ユーロ円買いなど円ショート(円を売る)目的の方に待望の下ひげが出ました。

ですが、買いサインと考えるのは危険なところです。慎重さが必要です。


私は円売りをしているので、このまま素直に上昇すればそれはそれで「うれしー」ですが・・・

読む前にちょこっとお願いしま〜す
くつろぐ為替株ランキング
(為替というリンクにて為替ブログを絞り込めます)

うれしいんですが・・・21日朝9時ごろには米国バーナンキFRB議長の講演『イールドカーブと金融政策』が予定されています。


現在かなりドルが下がった状態ですのでそれに輪をかけて下げるほどの材料になるかは疑問です。

とはいえ、何があるかわからないのが為替で、特にドルはそうです。

大した材料が無くても警戒の手仕舞いで下ひげを壊す可能性もあります。



ドルが問題なしという講演になって安心感でドル高へというのが私の望むシナリオです。でも、希望的観測に過ぎません。

これから参加する方は十分な余裕を持って臨むか、ストップロス、損切りをきっちりとつけてください。

115円より下げる勢いならいったん手仕舞いで逆に売りを仕掛ける上級者も出てくるかもしれない場面かもしれません。

ただ、売りのチャンスも一瞬のような気がします。

もう1つ勝手に願っていることがあります。今回の下ひげがもしも中東のオイルマネーからの下支えなら原子力開発問題や原油価格の見通しはそう暗くはないのではという勝手な予想です。

このような勝手な予想をするときは特に、まったく思惑と反対になった時のことを考えて余裕を持って資金を振り分けることが必要です。



試しにポンドかユーロなども買ってみたいところですが、ここは慎重に様子見の予定です。



キウイ円(ニュージーランドドル円)は70.50円で指値を置いています。これはヒットしても下向きに下げていく可能性が高いので外貨貯金的に管理する予定です。

こちらもおねがいします ペコリ!
外国為替証拠金取引のブログ→為替情報ブログランキング






posted by 為替tomo at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。