2006年02月12日

ポジション060212ドル円買い約定

外貨証拠金取引ポジション2006年2月11日現在

積極取引用
ドル円 117.40買い新規約定

外貨貯金用
ユーロ円142.95 約定 放置用


2月2週目週末の動き

東京時間
USD/JPY118円台
日本12月機械受注予想1.8%発表6.8%→ドル急落ド
ル円117.40

ロンドン時間
量的緩和早期解除思惑、国債利回り上昇、輸出企業ドル売りで弱含み
22:30発表12月米貿易収支657ドル赤字(想定内)も、「過去最悪の赤字額」
とされてドル下落ドル売りが一時的に強くなり116.90付近まで進む

ユーロドルでドル買いが始まり1.1901まで下落(ドル上昇)を受けてか
ドル円も117.60と反発

ニューヨーク時間
1月の米財政収支予想95億ドル黒字、発表210億ドル黒字で117.80付近へ上昇

という週末だったようです私は出かけていて全く相場を見ていませんでした。

帰ったら117.40でドル円を買い拾って、一応含み益が出ているなという状態です


米ドルは今回の下落を予想したかのように117.40で拾えました。一応117円から117.50までのサポートが効いたということで短期的な戦略として、下落を予想したこと、押し目を上手く買えたことと合わせると完璧に近い指値でしたね。

普通に押し目買いしていたらロスカットレベルになったとおもいます。

ですが油断は禁物だと思います。あっという間にドル円116.00ということがありえると思いますので。
資金が大きければ117.00円に指値を置きましたが私なら116.90付近において約定してなかったかもしれません。



イラク問題も米軍は最悪の事態で空軍出動をシナリオの1つに含めたと報じられています。大事になれば112円台もありえるでしょうね。

朝に時間があれば利益確定しておくのがかしこいだろうと思います。

でも多分時間が取れません ^^;


米国株価も下がるでしょうか。米国景気そのものが衰えたらそのままドルが陥落するというのも単純すぎるかと思います。

株が衰えたら債権が人気になるだろうと思います。中国や日本がドル建てで債権を買うということを想像するとドルがこのままただ単に落ちてゆくだけというのも疑問です。

ドル円がレンジ相場になるなら低いところで買ってスワップを稼ぎながら様子を見て、時節を利用して上昇局面で売り抜くということになるのでしょうか。

相変わらず金利が高いけれども方向感がつかめない不安定な相場が続きそうですね。






posted by 為替tomo at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引06前期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。