2006年01月25日

米経済の成長率見通しは3.5%近辺

米経済、06年の成長率見通しは3.5%近辺と予想される米グティエレス商務長官
2006年01月25日 00:36
ドル円のチャートでは多少好感されたのかな?でもあとで下がったよ、という感じです。

その他の地域の経済成長率予測も調べてみました。

東アジアの成長見通しは
2005年12月19日アジア開発銀行(ADB)のアジア経済レポート(AEM)によ
ると、2006年の東アジア新興経済(ASEAN10カ国、中国、韓国)は、IT 関連製品に対する世
界的需要の好転や日本経済の内需主導の成長、中国経済の好調さが持続していることなどに支えら
れ、05年の7.1%成長よりも若干上昇し、平均7.2%の成長となる見通し

ドイツは?
シュタインブリュック独財務相:今年は1.4%成長に加速も (ブルームバーグ)
ドイツのシュタインブリュック財務相は
19日、ベルリンで記者会見し、今年の同国経済成長率が政府予想を上回る
1.4%になる可能性があるとの見解を示した。

ドイツ政府は来週、成長見通しを発表する。現在の政府見通し(昨年10
月21日発表)では今年1.2%の成長が見込まれている。
2006年1月19日(木)21時15分

ユーロは強気と弱気、ころころ発言が変わりますよね。経済的に強い国と弱い国が同居しているのでそうなるのかなと思っています。

日本を見て思うのですが、、全体的な経済力に余裕がなくなると中央中心の弱者切捨てがたにな政策指針が向けられそうです。

となると、ユーロ圏が大不況になった時はイギリス、ドイツの発言が重視されたりするのでしょうか。そのときが来れば意識してみたいと思います。10年先かもしれませんが(笑)


成長率の数値そのものよりも前年から、予想からの変化の度合いが大事なのかもしれません。

素人ですからどうなるのかはわかりません(笑)
けど、このようなこを気にしながら数年相場を見ていくとすこし経験値が上がりそうな気がします。





posted by 為替tomo at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。