2009年02月02日

バッドバンク


バッドバンクとは

バッドバンクは米国政府が検討中の不良資産対策構想です

リーマンショック、サブプライムローン問題など
広がっている金融危機で
米国内の不良資産を抱える金融機関が多々あるわけですが

そういった金融機関から「不良資産だけを買い取る銀行」という説明が一般的です



なぜバッドバンク

バッドバンクが設立される理由はなんでしょうか?

主に普通の銀行や金融機関の立場を建て直すためと考えると良いでしょう

バッドバンクが設立され、不良資産を買い取ってもらうと
銀行などで手を焼いている不良資産をとりあえず別会計に出来ます

銀行で不良資産を抱えたままだと通常は損失を確定すれば
銀行の損益もはっきりし、銀行の価値も確定します

ですが、未曾有(みぞう)の経済危機の中
不良資産がどこまで不良なのか読めない現状では
不良資産だけでなく、優良な資産までも流動性がなくなります
銀行としても損失が確定しないと資金をどのように運用すべきか
動きが取れないということになりますね

それでは銀行の業務そのものが滞るということになりかねません

経済を復旧させるため一時的にでもバッドバンクに不良資産を背負ってもらい健全な資金の流動性を取り戻したい

そういう効果があるものと考えられています

但し、バッドバンクが出来たとしても米国内の不良資産が消えるわけではありませんね

また、バッドバンクを設立するだけの時間や労力、資金など必要です
このような仕組みは未来へ負担を先送りするだけの結果を招きかねません

少し心配ですね

為替相場や株式相場がバッドバンク設立かと上昇し、
バッドバンク困難かと下落する可能性もあります
ですが米国経済の本質がそうコロコロ変わるわけもありません

バッドバンク効果発揮の条件を記事に予定しています







posted by 為替tomo at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替用語集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。