2009年01月14日

株為替値動き不安定


一昨日昨日といろんな動きがありました。
ですが終わってみれば中途半端なレベルで終了です

ドル円為替相場
指値を色々出しておきましたが90円レベルのサポート割れでは
うまい具合に利益確定していました

その後の下落88円台は予想以上に早く到達したものの中途半端に上昇
サポート割れというより騙し相場になりました 

その後89円70銭級の上昇では調整が大きくなると見て
買い指値も置いていたのでそれも約定

個人的には2万円ほど利益があがったかもしれませが
ポジションどりもそれに近く悪くなっていると思います
おそらく


タイミングから考えて
米国貿易赤字減少のニュースが結構好感されたようです

ところが上昇圧力は中途半端なのか
反発し始めたかに見えた形の割りに上値は伸びない展開

もみ合いと成りそうな形になってしまいました。

1月相場ということもあって値動きが変に大きいということでしょう
相変わらず短期では上向きも力も残っていますが
中期的には最安値を試す展開と感じています

日経株価も短期的に反発ラインが近くなりつつあるも
底値12月4日安値7849円を割ると当分厳しいようです

まずは12月12日安値8087円付近
このあたりの反発力がどの程度か気になります





posted by 為替tomo at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。