2009年01月12日

90円ショートも失敗予感


ドル円売りの失敗とテクニカルによる参加目安

ドル円90円切れでショート建てを
予約していました

実は先週のものを消し忘れていました。

現状としては・・

逆に89.80付近までサポートが効いている形なので

今からストップを置く場合などは

89.70、89.60付近に置く方がいいかもしれません


私の場合は89.98で売っているようで
売り急ぎの形ですので
このポジションどりは失敗気味


新規売り戦略

新規売り目安としては
テクニカル上の判断では
91.50付近か92.10付近まで待ちたいところですね


リスク

短期売り的にはありだと思いますが
長期では週足長期チャートなど見ると
RSIなど売られすぎの状態は継続です
上向きのリスクは常に注意

一目日足ではドル円は雲の下で不明
豪ドル円は雲の下限あたりレンジ内では上昇余地
レンジ外れでは大きく下降の可能性も
という状況

豪ドルやランドの起債など新規投資の銀行もありますが
世界的に余裕資金がどれくらいあるのか疑問

10年先を見越せば買い場であるのかもしれませんが
まだ下も?







posted by 為替tomo at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。