2009年01月09日

最近の雇用統計前後


93円弱でかけた売りヘッジを
トントンで買い戻さなくてもちゃんと下げましたね

現在91円強付近で膠着

91円まで落ちてから少なくとも一回は92円うかがう展開を想像しましたが
91円LOWに張り付いて動かず

早くから雇用統計に対する警戒感でしょうか

91円をしっかり割っていく場合、
例えば90.80を勢いを持って割っていくようなら
素直に下向きにヘッジをかけたほうがいいのかも

ただ、最近の雇用統計前後の動きは
発表後上がることが結構多いので

結果が悪ければ


すでに折込済みだということで反発とか、
良くてもサプライズで上昇する
という可能性もしっかり見ておいたほうが良さそうです

特に、日足週足では上ひげが出来てきて
下落方向が見られるのに逆にひげを消すような動きがあれば勢いを増して上昇かもしれません

その場合は96円がありえないとも言えません

買い持ちの売りヘッジをストップ売りで準備しておいて
上に行った場合のストップ買い戻しも考えようかと思っています

でも、相場を見てないといい対処がちょっと難しいですね






posted by 為替tomo at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。