2008年11月21日

ラッカー米リッチモンド連銀総裁


もう、ラッカーさん!

いい具合にドル円を売っていたのに
ドルが上昇してしまい、小幅での利益確定。

まだ損切りよりは良かったですけどね。


リッチモンド連銀総裁
「米経済、09年に拡大への勢いを取り戻す」
「政策金利1%は非常に緩和的」

などの発言でドル円は94.80付近の抵抗ラインを突破上昇

売りポジションから見ると嫌な発言ですが
ドルの強気発言は久しぶりに聞いた気がしますね


私は95.05付近でドルを売り、93円強で買い戻そうとしてたのですが
ひとまず小幅での利益確定に留まりました。

短期売買としては


指値で今朝の下落と一時的な反発で綺麗に買いをたためていて豪ドル円で1万円利益
テクニカルで読みどおりに綺麗にはまったときは気持ちがいいものです

但し長期ポジションで保有したものは当然含み損が増えています。

仕切りとしては 勝率は高いですが
10月10万円、11月8万円の利益が出ましたが
全体での含み損はそれ以上に増えています

来週に向けての相場を占う意味で終値は気になります。
週末ですからね
ダウが週足で微増ぐらいになるのでしょうか?

安値トライがあるのでしょうか

年末も近づいてきましたがすでに大相場は起こった後で
ここから大きく動くエネルギーがあるのかはわかりませんが

今後の為にも相場を見て学んでおきたいところですね









posted by 為替tomo at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。