2008年11月12日

ユーロ売り豪ドル売り利益確定

為替相場は相変わらず乱暴な動きです
朝起きてチャートを見てみると
結局サポートラインは一旦下抜けた様子です

ユーロを125円弱で昨日午前2回売り込んだのはまさにピッタリの場所だったことに成ります。

ですがそのポジションはわずかに損切り。

相場観があっていても損切りにかかる飛び出し具合がこの荒れた為替相場ということでしょう

米国市場が休場だったということも含めて警戒が足りなかったのかもしれません。反省です。

どうしてもチャート上は落ちてくる流れを想像するので
数日前からこのサポート割れに対応するよう置いた

豪ドル64.60付近の新規ストップ売り(ヘッジ分量)
     ↓
63.90付近の買い戻し

ユーロ売りポジションの持ち越し
122.50台の買戻し

それぞれ 

下落過程で約定し利益確定なっていました。

金額では午前数千円失敗して朝までに1万数千円利益
合計1万程度の利益ですが

それより大きい金額の含み損の増加もあります。

デイトレにしても いまのところは
中途半端に利幅を狙ったトレードは危険で
長期にもつくらいのつもりの大き目のスウィング玉か、
ドル円で数pipsから10pips程度の小刻みなトレードか
そのあたりしかワークしないような感じですね

ただ、ここから下げトレンド形成の目は出てきていますので
デイトレーダーはつかず離れずでついていくしかなさそう

下げ相場が形成される条件としては
上値を試しても
ドル円にして98.40付近を越えないで下降ということになるでしょう

ただ98.70付近まで行って上髭を作って下降ということもあるかもしれないので要注意ですね

指標と株価次第の相場ですからテクニカルで売買というより
テクニカルの効き目具合で遅れ気味に
売買するほうがいいかと考えています。

上髭が出来てから売り参加とか。
上抜けても押してから参加とかです。






posted by 為替tomo at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。