2008年11月04日

下降傾向の豪ドル急騰

豪ドル

18時から19時にかけて
オーストラリアドルの下降ラインを背に
売りをかけました

18時ごろ、19時ごろ

67円を背に売りましたが一度目数千円まで利益が出るも
再びチャートを見ると思ったより戻りが強く、警戒の買戻し
しかたなく利益確定で900円の利益のみ

19時ごろ再度67円を背に売りましたが
目を放した隙に初期設定のストップロスまで上昇6千円近くの損失

この強引な上昇はなんだったのでしょう
一目では下落傾向を見ていたのですが???

結局株価でしょうか

再度上値目処は67.90付近と見ていますが


売りに入って5千円以上の利益が出るかは不明
いつも不明ですが。。

値幅が大きく戻り売りが機能したとしても、
ストップにかかってからという形もありそう


逆に68円をしっかり超えれば上値が一気に広がる展開ですね

-------------------------------
※売りは特にしっかりストップロス
レバレッジをかけなくても。

一度や二度損切りがあっても
確率の高いところを選んで売りに入っているのですから
通期トータルでは必ず利益が出ます。
-------------------------------------------

それからドル円でスワップが変化が大きく
買いもちでも利益がないので注意です

政策金利は目安には成りますが、
スワップはスプレッドと同じように変化します







posted by 為替tomo at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。