2008年10月24日

ドル円95円割れ下値の予想、想定は?

ドル円95円割れ

私のチャートでは一時94.75まで下落しました。

オプション防衛があると思われた95円も割れるときはあっさり割れて・・

底の見えない下げ相場となっています。
現在95円前後を回復してふらふらしていますが



勝手に作る相場の格言

降り止まなかった雨はない
今ふっている雨を除いては・・

『誰もつかまなかったナイフはない』
『今落ちているナイフを除いては・・』

本来の格言
落ちるナイフをつかむな

落ちるナイフをつかもうとしても怪我をするばかり
落ちてから横たわったナイフをつかむのは簡単安全

さて、ドル円の下値、もう長期チャートのトレンドでは
単純に下値を探るのは難しくなってしまいました。


ドル円が95円を再び強く割っていく場合には
どのあたりを下値の目処にしたらいいのでしょうか・・


困った時は長期チャート。

月足長期チャートなどを利用して・・


サイコロジカルや月足などの長期波動やロウソク足型でとりあえず想像できるのは
ドル円で1ドル93.50円から90円のゾーンではないかと思っています。

サイコロジカルで94円あたり、月足で90.50付近

そして90円というラインが心理的ラインとなって

複合のサポート力がなんとかワークするのでは?と思っていますが・・

さらにそのすぐ下
ロウソク足がおかしいところがありますね

それも10年以上前の95年の場所ですが やっぱり89円付近が目標値としてありえるわけです

というわけでとりあえずの下値目処は90円前後

介入があった場合にはこれに限らず

というところでしょうか
長期投資の節目になるのでしょうか?
そこは損切りの必要のないラインと言えるのでしょうか

まったくわかりません。

念のため

実際の投資の材料にするのは危険なのでご自身の判断のみを信じてくださいませ







posted by 為替tomo at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。