2009年01月05日

長期チャートからの波動


新年は上昇から始まりました
おめでたいことです

ですけど、あまり楽観も出来ないと考えています

長期チャートからの波動では

2007年から始まった大型下落トレンドが継続中と見ることも出来るからです

1ドル87円程度まで下げたドル円相場は現在93円を超えてきました。
6円以上の上昇が示現しましたが

前回の同様の波動でも15円の値幅の上昇内に収まり
結局下値を切り下げました
(96円弱から110円台強に上昇後結局87円まで切り下げ)

長期的な波動からは、

為替話続き
posted by 為替tomo at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月08日

新規売りは


新規売り一枚は損益なしトントンで手仕舞いしておきました

もともとヘッジ的なものですし
ファンダメンタルでは厳しいものの
テクニカルでは上昇の余地がまだありそうに見えましたので。

ただ、数年単位ではドル円で110円も期待していますが
今年は難しいと思っています

90円台後半まで上がってくれればヘッジをかけようと思っています

ここでのヘッジ意味→数枚ドル円買い持ちがあり
一部売りで下落に備える

指値としては

為替話続き
posted by 為替tomo at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引09前期

2009年01月09日

最近の雇用統計前後


93円弱でかけた売りヘッジを
トントンで買い戻さなくてもちゃんと下げましたね

現在91円強付近で膠着

91円まで落ちてから少なくとも一回は92円うかがう展開を想像しましたが
91円LOWに張り付いて動かず

早くから雇用統計に対する警戒感でしょうか

91円をしっかり割っていく場合、
例えば90.80を勢いを持って割っていくようなら
素直に下向きにヘッジをかけたほうがいいのかも

ただ、最近の雇用統計前後の動きは
発表後上がることが結構多いので

結果が悪ければ

為替話続き
posted by 為替tomo at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月12日

90円ショートも失敗予感


ドル円売りの失敗とテクニカルによる参加目安

ドル円90円切れでショート建てを
予約していました

実は先週のものを消し忘れていました。

現状としては・・

逆に89.80付近までサポートが効いている形なので

今からストップを置く場合などは

89.70、89.60付近に置く方がいいかもしれません


私の場合は89.98で売っているようで
売り急ぎの形ですので
このポジションどりは失敗気味

為替話続き
posted by 為替tomo at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード

2009年01月13日

豪ドル円が重要地点に接近

豪ドル円が重要地点に接近しています

豪ドルの場合081028の55.06付近を底値にして
この数ヶ月間レンジを少しずつ切り上げています
そこでその継続をトレンドと見てラインを想定すると

今週にくるかもしれない下落の切り上げ想定値が
59.50付近±20といったところかと考えています

豪ドルはスプレッド幅が厚く、動き出すと早いので余裕幅を持たせる方が成功率は上がるようです

さらにその切り上げ想定値が切れたところをトレンド(上昇レンジ)
下方ブレイクと見て
(買いもちがある場合は)ヘッジ売り
(買いポジションがない場合は) 新規売りの
参加地点と考えています



注意点は豪ドルの場合

豪ドル戦略続き
posted by 為替tomo at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月14日

株為替値動き不安定


一昨日昨日といろんな動きがありました。
ですが終わってみれば中途半端なレベルで終了です

ドル円為替相場
指値を色々出しておきましたが90円レベルのサポート割れでは
うまい具合に利益確定していました

その後の下落88円台は予想以上に早く到達したものの中途半端に上昇
サポート割れというより騙し相場になりました 

その後89円70銭級の上昇では調整が大きくなると見て
買い指値も置いていたのでそれも約定

個人的には2万円ほど利益があがったかもしれませが
ポジションどりもそれに近く悪くなっていると思います
おそらく

為替話続き
posted by 為替tomo at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

ドル円と豪ドル円売買

ドル円 昨日朝8時台の小山を超えたとき
前波動高値超えのストップ買い

89.56からの上昇が再び示現

89.85にて利益確定
額は小さいけど一息ついた感じに。

ドル円のトレンド自体は下向き継続と考えつつも
90.50までの上昇はあって当然、場合によっては93.50もと
覚悟していた中早めの買い玉手放し
為替話続き
posted by 為替tomo at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引09前期

2009年01月16日

ドル円陽線引けか 一目均衡表

ドル円チャート月足、週足、日足で

一目均衡表を見てみますと

1月の始値が90.84付近
今週の始値が90.11付近

一目均衡表週足の基準線が98.88
同じく転換線が92.32

一目均衡表日足の基準線が90.88
交差して上昇しようとする転換線が91.56

上昇するし続けるには何とか
最低でも90円をキープしたいところ

そして出来ればですが
為替話続き
posted by 為替tomo at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 為替相場

2009年01月19日

ポンド円窓を開け上昇中


ポンド円を初めとして窓を開けるほどの上昇です

ドル円、クロス円全体に上昇

イスラエルの停戦ニュースとあわせ、イギリスのニュースが材料?

イギリスは政府が重要一般銀行の出資を追加するという話

英銀大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の優先株
を普通株と交換だそうで

実情は58%株を保有しており、
今後優先株すべてを交換した場合には出資比率は70%程度になる模様

一般大手銀行の国有化に近い思い切った救援策ですね
為替話続き
posted by 為替tomo at 08:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月21日

最近の為替相場


為替相場としてはかなりの荒れ相場が続いています
先週の上昇は大きなゆりもどしでもとの形に?

ドル円一月の陽線引けはあるのでしょうか

豪ドルのトレンドで見ると上昇ラインを割って下降した
1月13日、14日、15日付近
その後 ストップをこなした後上昇

ここまではよくあるゆりもどしですが

その後、下落していくはずがそのまま上昇し
良い材料に反応が強くでる動きになりました。

これは出来始めた上昇トレンドの崩壊
崩壊して下降するポイントがだましだったかと思われるほどの
先週の上昇ですが
窓を開けていたはずの63円に届かないまま

為替話続き
posted by 為替tomo at 09:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月24日

豪ドル売りで利益


1.オーストラリアドル売り仕切り買い
2.FX為替相場の流行

オーストラリアドル
FX-onlineの口座の方ですが、
豪ドル円売りで22日利益確定の決済をしました

建値が58.40
売値が57.51 2万通貨

他細かいトレードですが荒れた為替相場とはいっても
わりとわかりやすい波動が出たときに
指値で買ってすぐ指値で売ってと

為替話続き
posted by 為替tomo at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引09前期

2009年01月26日

世界経済完全復調の時期2


世界経済完全復調の時期2

日産のゴーンさんの自動車業界の見通し

さて、長期経済の手法では景気の波をとらえるには額ではなく、
時間の長さでつかんでいくことが有効なのですが

日産のゴーンさんが世界経済や為替相場と自動車業界について
意見を述べておられます

その概要としては
自動車業界は金融不信の最大の被害者である
と述べ

自動車自体は不景気でも循環産業だから
(買い替えの時期が来れば)売れる日は来る
けれども、
為替話続き
posted by 為替tomo at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

世界経済完全復調の時期1


世界経済完全復調の時期1

信用収縮と為替相場のボラティリティ増大
通貨の不安定が招いた自動車業界の打撃

金融不安等に代表される世界経済不信
投資バブルの崩壊に影響される
極端な為替相場の動き

世界規模の不景気かそれとも
為替相場がひっくり返るような世界経済の質の変化の始まりか・・・

今の時点ではこれが単なる不景気で済むのか
それとも大規模な政治経済の地殻変動のような物が起こるのか
はっきりとは言えませんが

単なる不景気なら復調もあるはずですね

為替相場を額ではなく時間で




為替話続き

posted by 為替tomo at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月28日

ドル円日経


日経平均株価は朝上昇から開始しました
数十円順調に上げましたが反落・・・
開始価格を下回り下降です

今のところドル円もクロス円も重いようです

昨夜はドイツの好材料が注目されたりもありましたが

為替話続き
posted by 為替tomo at 10:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月29日

ドル円FOMC後


FOMC後のドル円は90円台の売りを踏み上げて上昇しました

短期的には買いスタンス中期ではまだ売りの線が残っている感じですね

長期ではドル円の値幅からすると売りのほうがリスクがありますが
地政学的リスクなどからすると微妙でしょうか

個人的にはなかなかドルを買う気になれないのはただの気分なのでしょうか?
長期的に見て通貨としての魅力が落ちてきているのはあると思います

ドル円では円が上がっていますが世界的には異常なドル高状態なわけで
ドルの信認がいつまで持つかどうか疑問ですね

ニュージーランド円

1.50%の利下げで一般の予想を上回るものとなっています
さらなる利下げの可能性もあるという見方です
ニュージーランド円は、ボラードNZ中銀総裁によると今年上期にもリッセッション入りする見通しとのこと

為替話続き
posted by 為替tomo at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2009年01月30日

ドルの相場エネルギー


ドルの為替相場エネルギー

ドルの為替相場ですがテクニカル上のエネルギーが蓄積されている感じになってきました

上に行くかどうかはまだわかりませんが
下値が切りあがってきています

個人的には長期でまだ底を打ってないシナリオを期待しています
つまりまだ下がってもいいのではと思っていますが

テクニカルでは上昇しても
為替話続き
posted by 為替tomo at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。