2008年11月04日

株式為替相場チャートの乖離


ドル円のチャートだけでなく、為替相場を複数のチャートで見て、株式も見比べているとなんだか変化が起こっている気がします。

激動の相場が始まってから

米国株価、欧州アジア株式相場と強い相関関係で
ユーロドル、ドル円、クロス円といつも同じように動いて
見比べてもつまらない形が同じようなチャートでしたが

昨日今日の流れを見てみますと
ドル円、クロス円の形が段々個性を持ち始めていますし

今日はダウなどの株価と日経平均株価の上昇まではともかく
それにドル円の上昇がついていかず

豪州もサプライズ利下げ、株価上昇などありつつ
豪ドルが下げてみたり戻ってみたりと

微妙な変化が訪れているようにも見えます。

月齢もついでに見てみると
新月から満ちているところで

11月6日が
為替話続き
posted by 為替tomo at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

下降傾向の豪ドル急騰

豪ドル

18時から19時にかけて
オーストラリアドルの下降ラインを背に
売りをかけました

18時ごろ、19時ごろ

67円を背に売りましたが一度目数千円まで利益が出るも
再びチャートを見ると思ったより戻りが強く、警戒の買戻し
しかたなく利益確定で900円の利益のみ

19時ごろ再度67円を背に売りましたが
目を放した隙に初期設定のストップロスまで上昇6千円近くの損失

この強引な上昇はなんだったのでしょう
一目では下落傾向を見ていたのですが???

結局株価でしょうか

再度上値目処は67.90付近と見ていますが


為替話続き
posted by 為替tomo at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード

2008年11月06日

短期トレード反省と対策


メモ ユーロドル 豪ドル 短期売買

ここ数日の短期トレード反省と対策

4日5日

ユーロ円 買いスウィングはワーク 100+α
トレイダーズ証券

4日買ったユーロ円が高値をつけて打った後
下落は上出来

でも再度上げているのは強い地合いが出来ているということ
売ればいいというのは危険


豪ドル円 売り デイトレで動いても連続失敗

スキャル(スカルピング)のつもりで入って利益がでても
豪ドルの直線的な動きを期待してしまい欲が出てしまう

仕切りどころを外して逆サイドへ
なまじ抵抗線を背にしているので吹き上がると大きくなる

為替話続き
posted by 為替tomo at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード

株安→ドル円クロス円転換線の攻防


オバマご祝儀相場かと言われた
ダウの上昇にはまいりました。

売りポジションが頂点で切られてしまって
その後しっかり下げ相場 
相場観はぴったりあっていたのに・・

よくよく抵抗ラインを確認してみたら
あと数十ポイント上にストップを置くべきだったかも

その下げポジションを持っていたらいいところまで下げている状態です

こんな感じで短期も長期も下手なトレーダーです。
この数日の成績はマイナスが出ていますが
この激しい下げ相場の中、短期トータルでプラス5〜10万円が出ているのでリスクを取れるんだとも言えます。

株安で雲行き怪しく、なんとか為替は下げすぎずに
頑張っていたようですが限界も近い形で注意が必要ですね


ドル円、クロス円はほとんどの通貨で
転換線ラインの攻防を迎えそうです。

前日のダウの下げ本日の日経の下げ
その他株安で
ドル円 96.23? 96円前半の転換線ラインでの攻防で
こらえきれる力があるのか疑問です

転換線切れや10月29日からの安値を下回った時点では
中期、短期買いポジションは手仕舞いか
ヘッジ売りをしたほうが良さそうな様相になってきました。

手元のチャートでは

為替話続き
posted by 為替tomo at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

英国金利大幅引き下げ



11月06日 21:00 BOE金利発表

BOE「インフレ目標2%に見合うための大幅利下げ必要だった」

英金利大幅下げ
政策金利、100bp引き下げて3.00%に

ポンド円は発表後、一瞬下落、その後上昇?
 
MPC(イングランド銀行:金融政策委員会)は、
政策金利を100bp引き下げて3.50%にすることを決定
100bpの金利引き下げは市場予想の50bpを上回ったため
予想よりひくい金利でサプライズとなっている

相場は上下激しくゆれて、方向は上向き?





私の場合、

為替話続き
posted by 為替tomo at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード

2008年11月07日

トヨタショックなるかクロス円ブレイク

FXONLINEトレード 覚え書き

トヨタショックなるか?

朝起きてみると豪ドル円で想定した3つのサポートライン
をブレイクして下降中

豪ドル円ヘッジで1枚買いを1枚売りこみ
1万円の利幅を付けながらなお下降中
10000S 65.82

同時にドル円の2枚買いも ヘッジ売り29日からの緩やかな上昇ラインを実線ベースでサポートラインを割り
売り指値2枚ヒットが効いたところ

20000S 97.46 (2万通貨ショート、ヒット97.46円)

なんとか下降しだした形


こちらは

為替話続き
posted by 為替tomo at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | デイトレ短期トレード

米国雇用統計後


今回の米国雇用統計はさすがに注目していましたが

発表は


非農業部門雇用者数変化
予想:-20.0万人
   ↓
結果:-24.0万人
 

失業率

予想:6.3%
   ↓
結果:6.5%
 
どちらも予想より悪く 一瞬ドル売りから動き出し
ひとまずの下値は下値支持ラインをまもる97円弱

むしろ上への力も終始強い動きでした

クロス円も発表後30分経ちましたが
下値は限定的で上値を伸ばしつつ抑えられている状況です

このまま


もみ合いが静かになってどちらに流れ出すか
気になるところですが

もう少し下向きに流れてもよさそうなところです

ですが今のところ、意外と底堅いです

それだけ

為替話続き
posted by 為替tomo at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2008年11月09日

ドルストレート週足引けと今後の見通し


ドル円
週足ベース−陰線引け

観察
大局では戻り売り有利かもしれませんが
日足では下値を切り上げながら陽線引けで要注意
迷いのチャートが出来ています

引き続き、だましが多そうな展開です
スウィングの場合、ブレイクアウトからの順張りよりは
その前の逆張りで損切りをつけるほうが無難でしょうか

スカルの場合両端から順張り方向で波動を捉え
る方が安全?



ユーロドル

週足ベース − わずかに陰線引け
日足ベースでも±0に近くとても難しい
素人には手出し無用な感じと思って観察してみる予定

ドルスイス

週足ベース +引け

観察
日足ではわずかに−陰線引けでも
週足でしっかり陽線引け、ユーロドルとの関係で
どのように変化していくか観察するのは
今後の参考、勉強になりそう


豪ドル・ドル

週足ベース +陽線引け

観察 
なんと、
為替話続き
posted by 為替tomo at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2008年11月10日

為替相場は跳ね上げスタート

ドル円、クロス円ともに小さな窓を開けて上昇位置から
下降しながらスタート

先週のもみ合いの収束目安98.65−98.70付近のラインを
上抜けてスタート

まずは窓を埋めに下げてきて
ライン上で反発もみ合い

クロス円

ユーロ円はそれなり
豪ドル円は強くなるかも

豪ドル円が底堅い形でもみ合いの収束(フラッグ)を上抜けてもよさそうなロウソク足の形ができつつあります

豪ドル円うわぬけを期待。


20081110 07:55
posted by 為替tomo at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2008年11月11日

実効相場 ドル,円,ユーロ


11月7日付けのドル、円、ユーロの実効相場



ドル 90.77 前日比+0.07
前週の高値安値 
高値93.10 10/28 安値 90.98 10/30

ユーロ 96.53 前日比+0.29
前週の高値安値
高値 95.54 10/30 安値 94.25 10/27

円 148.67 前日比-0.18

前週の高値安値 
高値158.86 10/27 安値 148.78 10/31

以上は7日の実効相場です


為替話続き
posted by 為替tomo at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

高金利主要通貨実効相場

ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル等
比較的、高金利主要通貨の実効相場です

11月7日のポンド、豪ドル等実効相場


ポンド 85.34 前日比-0.67
前週高値安値 
高値 87.99 10/29 安値 85.48 10/27

豪ドル 77.72 前日比-0.43
前週高値安値 
高値 76.89 10/30 安値 70.16 10/27


加ドル 97.45 前日比+0.24
前週高値安値 
高値 94.33 10/31 安値 88.59 10/27

為替話続き
posted by 為替tomo at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 為替相場

短期ユーロ売り


短期ユーロ売り失敗

オバマ氏の経済関連要請で抵抗ラインは飛びます
みんな本当は買いたいのかしら?と思えば

米系大売りだったり
豪州株安 大型資源株式が下げています

昨日は昨日で私が売ったとたんにアジア系の大口買い

ポイントがずれているのか確認してもそうも思えない理不尽な相場
まるで巨大な赤ちゃんが無邪気に相場をもてあそんでいる状態

長期に視点を置いた少量の指値だけで目をつぶるのがベターな動き

短期で特にクロス円は厳しいですね
値幅もあり飛びやすいし、スプレッドも大きいから
タイトに付けて置きたいストップに、

為替話続き
posted by 為替tomo at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード

2008年11月12日

ユーロ売り豪ドル売り利益確定

為替相場は相変わらず乱暴な動きです
朝起きてチャートを見てみると
結局サポートラインは一旦下抜けた様子です

ユーロを125円弱で昨日午前2回売り込んだのはまさにピッタリの場所だったことに成ります。

ですがそのポジションはわずかに損切り。

相場観があっていても損切りにかかる飛び出し具合がこの荒れた為替相場ということでしょう

米国市場が休場だったということも含めて警戒が足りなかったのかもしれません。反省です。

どうしてもチャート上は落ちてくる流れを想像するので
数日前からこのサポート割れに対応するよう置いた

豪ドル64.60付近の新規ストップ売り(ヘッジ分量)
     ↓
63.90付近の買い戻し

ユーロ売りポジションの持ち越し
122.50台の買戻し

それぞれ 

為替話続き
posted by 為替tomo at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ短期トレード

2008年11月13日

ダウ411ドル安ドル円94.47大幅安


ついに下落が始まってしまいましたね

米株安、ドル円下降、クロス円も下降

全体的には為替相場は

二番底を試して再び上昇する可能性が高そうですが
念のためいつも最悪のシナリオにそなえたい不安定な相場

大型企業が傾いているという事実の発露など
米国を初めとする世界経済の先行き不安が膨らんでいます。


11月11日実効相場 ドル,円,ユーロ

で書きましたがまさにそのとおりになっています。

今のところ、二番底の形までは来ました

次は安値を目指すかどうかですね


実は、豪ドルでは現在、微妙に

為替話続き
posted by 為替tomo at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

豪ドルドルAUD/USD介入


豪ドルドルAUD/USDで、介入があったそうです

豪ドル/ドルが0.6350で介入観測があったということで
どうりで豪ドル円が少し底堅いわけです
audusd豪ドルドル介入5分足.JPG


豪ドルドルは丁度大底値をつける前の前の底値のライン

ちょうど掬い上げるチャートの形を作る介入なので
そこから上げる形にしたい介入と見て取れます


今後もしつこくこのラインで介入、もしくは
上昇トレンドを形成するよう手入れがあれば
思ったより相場としては下がりすぎなのでしょうか


下降トレンドが本格的に出来る前に本気介入が続けば
売り方も嫌になってきますからね

ここからはなんでもかんでも売ればいいというものでもないのかも
と思ったりもします。

ポンドドルも6年ぶりの安値とあっては歴史的安値です 

行き過ぎるのが相場 心して対応したいですね



posted by 為替tomo at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

介入警戒域ドル円か豪ドル円?


ドル円か豪ドル円?介入警戒


20081113 14:32

13日1時9分あたり94.50付近、
13日6時59分あたり94.54付近

から続く、緩やかな上昇を示すサポートラインが出来つつあります。


95円以下の水準では各方面、当局による介入を警戒していると思われます。

朝は、この水準で邦銀のまとまった買いが入るとドル円で1円以上になる上昇が示現

海外資本が当局の介入と勘違いした可能性があると情報が入りましたし


その後、ストップ買い狙いとされる96円強への上昇を2度はじいた後
ダブルトップの形となって下降が意識される中、
(丁度私は売り玉の利が乗っていたのですが)

山口日銀副総裁発言「米欧金融危機が日本経済に下押し圧力加えている」
2008/11/13 14時19分レベル
ドル円は95.47円、ユーロドルは1.2458ドル、ユーロ円は118.93円

同副総裁の発言、

為替話続き
posted by 為替tomo at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2008年11月14日

満月のドル買いもあるか


満月が来たわけですが

ドル、豪ドルを買い持ちしたまま売り参加してきたのですが
短期ではどうも売り苦しくなってきました。

満月ということで相場が反転しそうな雰囲気です。

満月に限らず、日柄的、経過日数的といいますか
時間の経過は大切なことだなと思います。

11月13日午後からの流れを見ても
戻り売りのスタイルで入ったままなかなか動きがとれず、
為替話続き
posted by 為替tomo at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2008年11月16日

G20→世界景気後退と決意の確認。のみ?


G-20 金融サミット 緊急首脳会合ですが

結局首脳が集まって皆でなるべく協力して不況を乗り切るよう経済危機を乗り越えよう
ということですよね

Sliding into recession

不況に落ちゆく世界経済を・・


→結局世界的不景気が訪れることは確実

今後のさらなる金利引き下げの対応、景気対策がありそう

→でも特に真新しいとも思えないし具体的でもない



注意すること
何も具体的に発表しない→相場が荒れそう特に下落リスク

 だけど 具体的なことがないかわりに注意が必要

それは、いつ、何をしてくるかわからないこと

その意味で安易に売りポジションを多くもつのも危険

ですから→身動きがとり難い

とにかく傾いたポジションを減らして、どちらにどう動いても
耐える体制と、どちらかに動いたら利益を確保が正解?



その他

ヘッジファンド決算向けの決済、
その他年末、年度末(3月)が山場?


今後、ドル円で

為替話続き
posted by 為替tomo at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 為替相場

2008年11月17日

基軸通貨米ドルの行方


米ドルで資産を持ち続けても?
10年後も米ドルは大丈夫ですか?

ひとまず、
30年債は発行されていますし
投資家は不景気になれば債券を買うわけですから
それなりに相場は支えられつつというところでしょうか



10年後の米ドルの地位は疑問

というのは今回の金融危機でアメリカドル一辺倒の基軸通貨体制に疑問をもつ国が多くなったことは確実だから

麻生太郎首相はドルの基軸通貨体制を支える体制を固める必要性を主張してますが逆に言えばそれだけドルに不安要素があるということ

アメリカからの金融危機勃発なのに流動性が高いというだけでドルに資金が集まり
他国が危機に陥るのは納得がいかないはず



今回の円高、ドル高の流れはこうですよね?

為替話続き
posted by 為替tomo at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

ドル円98.88豪ドル円61円窓明け下から

ドル円98.88付近からスタート

この窓を開けたスタートは下落ではありますが実際には
1つペナントを切り下げ、
下値支持線サポートラインを守ってのスタート

そこから吹き上げてペナント半値日足では窓を埋める形で利益確定の形

再びサポートに下落して下値ためしでも底堅くサポートは維持

豪ドル円でも同様の動き、介入警戒の心理のあらわれでしょうか。

窓を開けて下値試しのスタートは、大方の予想通りですが

私の場合昨夜からヘッジ売りをしても


為替話続き
posted by 為替tomo at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。