2007年09月09日

FX情報円高円安と投資先



FX取引の参考為替レポート

(財)国際通貨研究所による為替レポートPDFですが
円安と日本の投資家のホームバイアス低下
というものがあります。

為替相場の8月までの主要注目要素とされる「金利」もしくは「金利差」ですが

必ずしもこれまでの円安(ドル円で言えば1ドル117円から120円に向けて動く方向)の原因が金利差とは限らないという考え方が示されています。

ホームバイアスとは「身内びいき」という意味に近いでしょうか
日本の投資家が日本株取引を好むということですね。

日本の投資家のホームバイアス低下とは
日本の投資家の投資先の対象として、日本株よりも海外の株式に目が行く(例えば中国株、インド株、ベトナム株の投資信託が人気になるなど)ということです。

レポートの中身としては、金利差での為替取引というよりは日本国内への投資以外に資金が流れているという見方があるということです。

ただ、金利と関係あるスワップ長期ポジションにしても日本の投資家のホームバイアス低下と似ているところもあります。
FXの単なる長期スワップ狙いの低レバレッジの円売りも結果的に同じことと言えるでしょう。

なんにしても、このレポートでは金利差ばかりに目が行っていると大きな円の買い戻しがありえるということを忠告してくれています。

為替話続き
posted by 為替tomo at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年09月12日

先物業者トリフォ自己破産

商品先物業者トリフォ、自己破産です

トリフォとはトウモロコシ、ガソリン、金、白金など、商品価格相場を利用して商品先物を取り次ぐ商品先物業者です。
FX為替取引専門の業者ではありませんが会社の整理までの経緯はFX業者選びにも参考になります

平成1 9年8月3 0日のトリフォ臨時株主総会で商品取引受託業務の廃止を決議し

その報告書(9月7日付)では

東京穀物商品取引所、東京工業品取引所、中部大阪商品取引所における取引につきましては、平成1 9年1 0月9日までに建玉を結了していただきますよう

という主旨の広告がなされました

どういうことかというと事実上は
長期建玉の含み損が出ていても約一ヶ月の間に決済するように
ということです

為替話続き
posted by 為替tomo at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX為替業者

2007年09月19日

豪ドル利益確定両建て

オーストラリアドル円 98・10で買い指値が約定したものがありました。

記事、トレイダーズ証券オセアニア通貨CP
の時のものです。

丁度今回のサブプライム騒動の走りに巻き込まれた形で約定し
その後急落相場で厳しい展開でしたが
スワップを4900、差益を6000円以上つけていましたので
利益確定的にストップ売り指値を新規で付けておきました。

98.30で指値して ストップなので98.20付近で約定
元の買いポジション  6,580円
新しい売りポジション -950 円 という差益です
額は小さいですが両建てで差益を囲い込みですね

売りポジションは97.60で買い戻し指値を置いています。

サブプライムの落ち初めに豪ドルが約定し
そのポジションは数万円のマイナスが出たようですが
なんとか買値以上に戻ってきたことでこうして
利益確定の形が出来ました。

ただ、為替であっても「戻らない相場」もあるのでリターン期待でレバレッジを大きくしている人はその分リスクもあるということを念頭に資金管理を必要とします。

世界的には物価高の流れは否めませんので
資源国通貨の豪ドル自体はまだまだ上がる余地はあると思います
利益確定も本来なら早すぎる感がありますが・・・
為替話続き
posted by 為替tomo at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期

2007年09月21日

ドルスイスのリスクヘッジ


ドルスイスが下げ始めました

セントラル短資オンライントレードのドルスイス2万通貨の口座はほぼずっとプラスでしたが今日からマイナスに移行すると思います

丁度1.1800を切ったら落ちそうなので両建てで売り指値を置こうかと思っていたのに遅かったようです

その他ドルスイスに対するヘッジ的な通貨ペアポジションについて考えると
ユーロドルのスワップがユーロ側に有利なのでユーロドルの買い戦略も可能です。
その場合は上昇しているので押し目買いの形になります。
どこで買いに動くかが難しいところですが。

後はドルを売るという意味合いでオーストラリアドル/アメリカドル
AUD/USD の買いポジションを作るのも悪くないですね

総資金の数十分の一という比率でしか資金を利用していない場合
ドルスイスの追加買いも出来ますね

私自身の状態は資金に対する比率はまだまだドルスイスが下げても大丈夫なので特に心配はしていません

ヘッジの他通貨ペアポジションも今から作るとなるとどうでしょう、動いた後ですから反動に注意です。

ドルスイスの下値を見ていくと、節目節目で下値を切り下げているうちはトレンド上は、先行きはまだ明るいとはいえません。

97年ごろからドルスイスを見直してみると

為替話続き
posted by 為替tomo at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年09月25日

ドル円買い指値113.60


ドル/円 新規 買
10,000 リミット 113.60 WEEK 2007/09/29 05:59

テクニカルだけ見れば、この数日114円を底値としてつけた後、116円をうかがい届かず、115円台後半で持ち合いつつもずるずると力弱いところをついに持ちこたえず114.15付近まで落ちてきているのが現状です。

来月初め、10月5日に米雇用統計が控えてます。
前回の衝撃的なマイナス数字からどれだけ持ち直しているのかが期待されますが、もし予想以上に悪い数字ならますますドルの上昇力は弱くなるでしょう。

ここはポジションを増やすのは適していないかもしれませんが、先日の豪ドルにおいてはヘッジ(両建て)が済んでスクエア(ポジションの偏りない、ノーポジション)状態ですし、

為替話続き
posted by 為替tomo at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。