2007年08月02日

FX用ボイドタイム2007年後半

ボイドタイム
一般的に言われるのは判断を誤りやすい期間です
人間関係で言えば互いの思い違いからいざこざがおこりやすく
互いに行き違いが起こって連絡が取り辛かったりする
確立が高いと考えられています。
また、普段とちょっと違った事をしてしまい失敗をすることが
あるらしい、その確立が高まると考えられています。

FX為替相場・投機・投資とボイドタイム
投資とボイドタイムの関係で言えばこの時間帯での
大きなポジション判断は避けた方が無難ということになります

また、判断だけでなく、行動にもぶれが生じやすいとされています
注文ミスなどが起きる可能性がやや大きくなると言われます。

FXが投資か投機かは人それぞれのスタンスで変わると思いますが
判断ミスが起こりやすいならなるべくボイドタイムに
大きな判断、決断をさけるというのが定石かと思います

逆に単なる迷信だとか、むしろ大勢の判断ミスを
見越して相場の反転を予想して逆張りをするという人も
出てくるかもしれません

基本は普段どおりの基本方針を継続というのがおすすめです

ボイドタイム


7月 春からの傾向を引き継ぎつつ調整に注意でしょうか

2007年07/01(日)17時45分から/02(月)14時23分まで

2007年07/04(水)15時02分から19時51分まで

2007年07/06(金)19時08分から23時56分まで

2007年07/08(日)22時05分から/09(月)02時53分まで

2007年07/11(水)01時54分から05時09分まで

2007年07/13(金)06時12分から07時39分まで

2007年07/14(土)21時03分から/15(日)11時43分まで

2007年07/17(火)12時54分から18時39分まで

2007年07/19(木)22時43分から/20(金)04時53分まで

2007年07/22(日)15時28分から17時17分まで

2007年07/24(火)19時30分から/25(水)05時29分まで

2007年07/27(金)09時12分から15時21分まで

2007年07/29(日)11時23分から22時13分まで

2007年07/31(火)20時55分から08/01(水)02時40分まで


8月 8月はドル円相場円高にふれやすいといわれます

2007年08/03(金)00時36分から05時42分まで

2007年08/05(日)02時30分から08時15分まで

2007年08/07(火)10時49分から11時01分まで

2007年08/09(木)14時27分から14時35分まで

2007年08/10(金)21時56分から/11(土)19時41分まで

2007年08/13(月)22時32分から/14(火)03時02分まで

2007年08/16(木)06時01分から13時03分まで

2007年08/18(土)21時20分から/19(日)01時13分まで

2007年08/21(火)10時33分から13時44分まで

2007年08/23(木)21時54分から/24(金)00時19分まで

2007年08/25(土)08時40分から/26(日)07時34分まで

2007年08/28(火)10時23分から11時34分まで

2007年08/30(木)07時21分から13時24分まで

9月 相場のトレンドがはっきりしているころでしょうか

2007年09/01(土)14時18分から14時35分まで

2007年09/03(月)09時47分から16時29分まで

2007年09/05(水)20時00分から20時07分まで

2007年09/07(金)02時03分から/08(土)01時59分まで

2007年09/10(月)03時06分から10時09分まで

2007年09/12(水)13時13分から20時31分まで

2007年09/15(土)01時09分から08時36分まで

2007年09/17(月)08時40分から21時20分まで

2007年09/20(木)01時47分から08時51分まで

2007年09/22(土)15時15分から17時18分まで

2007年09/24(月)18時14分から21時55分まで

2007年09/26(水)21時31分から23時22分まで

2007年09/28(金)22時58分から23時16分まで

2007年09/30(日)14時10分から23時33分まで

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボイド時間

2007年08月06日

ドル円為替相場


今の為替相場
08/06 10:00ごろの対顧客相場(仲値)

シティバンクジャパン、対顧客相場=117.62円
ドイツ証券、対顧客相場=117.64円
住友信託銀行、対顧客相場=117.62円
新生銀行、対顧客相場=117.64円
他117.61から117.64というところです

その他マーケット
2年利付国債利回りが0.955%に低下、約2カ月ぶり=東京円債市場
・・・ただし、株式相場の懸念で買が入っているので価格は上昇しています。
商品、株式などのリスク志向より確実な債券へという動きが
以前より増えているということですね。

台湾株式市場で加権指数<.TWII>が2.12%下落して始まる
独IKB、サブプライム損失めぐる報道を筆頭株主が否定

為替・株式・その他金融関連相場が動いています

サブプライム懸念の再燃で始まった株安、ドル安はどうなってきたでしょう

先週の引けへのドル円為替相場
8月3日の7月米雇用統計が発表されるまでは119円20付近で落ち着いていました。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

トレイダーズ証券で証拠金比率計算変更

トレイダーズ証券は私のメインのFX為替取引業者の1つです。

情報レポートも優秀で、チャートも新旧2種類あって私には使いやすいですが、以前は通貨ペア数も少なく、円がからまないのはユーロドルしかなかった時代がありましたのであまり紹介してきませんでした。

いま円高気配があり、ドル円につられて下げているクロス円がないかと物色しています。

そんな中、二つのお知らせURLが目に入りました。
必要証拠金計算方法変更のお知らせと
オセアニア通貨のお得情報です。



証拠金比率の計算方法変更
以前は決済か新規かで証拠金計算要素になるかどうかが分かれていたと思うのですが、今回の変更で新規だろうと決済だろうと注文が約定した時点でのポジション総計で証拠金比率を計算するようです。

要はいくつ両建てしていても、買い3枚か、売り3枚か合計で証拠金を拘束するということです。

トレイダーズ証券の話の続きを読む
posted by 為替tomo at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX為替業者

2007年08月07日

FOMC前のFXポジション


FOMC直前で、ドル円買い持ちポジションを1万持っていた訳ですが
118.30付近で両建て売りしました。

これでドル円のポジションはまたスクウェアです。

セントラル短資のほうではドルスイス買い2万ありますので
全体としてはドルロングになりなります。

FXONLINEのほうは色々とあったので詳しく操作方法を把握していなくてまだ資金を寝かせた状態です。

私としてはユーロ圏の経済失速、アメリカ経済の粘り強さ、日本経済の奮起というシナリオが一番嬉しいのですが

ほとんど逆のイメージです。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期

2007年08月08日

FOMC金利据え置き

FOMCではFF金利を5.25%に据え置きました。

直後の反応は下げです。
ドル円の為替相場では118.50から118.00付近を目指しています。
118円を下回った場合、
117.50付近が先ずは攻防になると思います。

金利を下げなかったことで115円以下に簡単には突入しないと思いますがまだまだ上がるか下がるかわかりません。
皆がトレンドについていこうとしているのではないでしょうか。
そういう時は大きく動きそうな気もします。

発言、声明の文言の表現、空気感に注意したいところです。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 03:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

アメリカ経済の底力は本当か

ドルそのものの情報ではありませんが
アメリカの株式の見方で次のようなものがあります。

ブルームバーグ8月6日情報を参考にしています

スイスのクレディ・スイス

スイスの金融大手クレディ・スイス・グループの株式ストラテジストがここにきて、世界的な景気減速の影響を回避するため、米国株の保有拡大を提言しているといいます。

クレディ・スイスは2000年以降ほぼ一貫して米国株に対しての投資判断が弱気でした


世界の株式の中の米国株と日本株について
クレディ・スイスのストラテジスト達は今回発行したリポートで、
世界の株式ポートフォリオに占める米国株の割合を「ベンチマーク」に一致する 46.8%レベルにすべきだと指摘しました。
これでの割合判断は36.8%でした

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年08月10日

トレイダーズ証券オセアニア通貨CP

トレイダーズ証券FX・為替相場取引をしている方にお知らせです

トレイダーズ証券ではFXのキャンペーンをはじめています。
オーストラリアドル/円ニュージーランドドル/円(オセアニア通貨)のキャンペーンです。

スワップを業界最高水準に引上げ、証拠金率を業界最低水準に引下げプレゼント企画があります。

普通はオセアニア通貨と言えどもスワップが業界最高水準のFX業者は証拠金比率が低めでレバレッジが効かせられない、とか、いざと言う時のマージンコールが心配となるわけです。

私ですか? 指値おきました。
だってトレイダーズのプレゼントは結構あたるんですから
しかも大好きなアイスクリームもあります(笑)

オセアニア通貨キャンペーンの期間もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX為替業者

2007年08月12日

セントラル短資FX予備ログイン

為替相場が急激に動いている時はFX業者のサイトが重くなったり、ログイン画面に行き着くことが難しくなったりすることがあります。

セントラル短資オンライントレードの通常のHPからログインが出来なくなった場合は緊急の時の為に予備のログイン用ページが用意されています。

通常の時にはログインできませんのでご注意ください。

http://login.ctot.jp/header/login/
セントラル短資オンライントレード予備ログインページ


通常は

為替話続き
posted by 為替tomo at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX為替業者

2007年08月13日

現在の指値状況

サブプライム関連から広がった信用不安も沈静化の様子でしょうか。
少し早すぎるような気がしますが、もうひと波乱あっても良さそうに思います。

でも市場はお盆のこともあってか静かな様子です。

先週からの指値です
方向感の無い状態で、買い指値に降りてくるのはむずかしそう。
現状は
ドルスイス2枚買い
ドル円1枚買い
を保有した状態です。
もう一段落ちてくれれば豪ドル円、ランド円買うのですが・・・
波乱が無ければまた、
するすると上がっていきそうでもったいないですね。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期

2007年08月14日

わがドルスイスの損益は?


ドルスイスは最近一段下げて反発、下値を下げたのと反発して下ひげをつけたのでどちらへも動きづらい状況だと思います。

短期的、目先はユーロ圏のポンド、ユーロの弱さがクローズアップされている時なのでスイスも弱くなる可能性があります。

ドルスイスの買いポジションはスイスを売ってドルを買っているのでスイスが弱く、ドルが強いトレンドを形成し始めると利益が乗ってきます。

自分のドルスイスの状態はどうなっているの?
というわけでセントラル画面に入って確認してみました。

取引日  通貨ペア売買 取引レート 通貨 累積スワップ 清算価格 未実現損益

2006/11/28 ドル/スイス買 1.2055 1万通貨 261.10 1.2037 -18.00
2006/11/22 ドル/スイス買 1.2380 1万通貨 267.99 1.2037 -343.00

11月にドル買いスイス売りをし始めてよいときは10万円の差益が乗っていましたが
今は差損360フランの損と、520フランのスワップ利益となっています。

現状のスイスフランの為替相場では160フランの利益となります。
 スイスフラン/円が97.9前後なので
160*97.9=15664

160スイスフラン×97.9円=1万5千円強は一応利益が出ているようですね。

V時反発したとはいえ11月頃、2月、4月頃と下値徐々に切り上げてきたところに11月の安値からきり下げてしまったのでテクニカル的には上昇トレンドが強く出にくいかもしれません

私のポジションとしては上昇した方がありがたいですが
上昇にむかったとしても1.23、1.24、1.25、1.27と
抵抗線のあることで売りどころはいくらでもあります
そういう意味では当分厳しいです(笑)

こういう相場ではヘッジファンドのように買い玉と売り玉の数の調整で相場に対応するのが利益を出すコツと思います。

どういうことかというと、


もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期

2007年08月15日

FX相場と豪ドル戦略

8月15日 間近11時から12時のところでの気になるニュースは

シドニー外為・債券市場中盤=債先は上昇中 豪ドルは軟調に
8月の豪消費者信頼感指数111.1、前月比8.1%低下
日経225・前引け=米国株安から267.22円安、16577.39円 3月年初来安値近く
7月の米CPI、総合+0.2%・コア+0.2%の予想

FX為替相場
為替相場は大分動きました。
ドル円も売られましたが
クロス通貨が全体に売られています。
117.20を背にしてサポートしている状態です

EUR/JPYは現在158.50を背に下げ止まっています。

オセアニア時間でも強烈に円買いが進みました。
ニュージーランド円はかなり厳しいようです

朝7時の段階で
USD/JPYは117.38
AUD/JPYは97.88
NZD/JPYは85.19
GBP/JPYは234.20
大体それよりじり安で止まっています

今回の下落でまだ底はわかりませんが
私としては

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

豪ドル、ランド円買い約定

豪ドル、ランド円が先週からの指値約定しました

豪ドル/円
買 2007/08/15 05:36:46
1万通貨 約定価格98.10
現在値97.625 -5000円くらい

ランド/円
買 2007/08/15 03:03:34
1万通貨 約定価格16.10
現在値16.030  -1000円くらい

ドル/円
買 2007/03/05 09:01:57
1万通貨 約定価格115.90
現在値117.395  +14000くらい

やっとFXのポジションが増えました。

10年チャートや月足で過去を探るとクロス円は高値にあることは変わりません。(12時半に書いています)
スワップ玉にするならさらに下げてもよいという覚悟で参加します。

他に
もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期

2007年08月16日

豪ドル売りの利益確定どころ

アジアの株・為替市場が一段の下げ、為替に関してもいくつかのアジア新興国などは介入も行われ、ニュージーランドドル円の為替相場参加者にはマージンコールも観測された
ということでいろんなことが起こっていますが、現在円は5カ月ぶり高値になっています。

豪ドル97円、98円ごろから両建てしてみた方!
おめでとうございます〜

いい感じで数万円の差益がついていると思います。

さて、

為替話続き
posted by 為替tomo at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

ドル円113円台へ


為替相場が大きく揺れ動いています
ドル円で115円をこんなに早く簡単に、はっきりと割るとは思いませんでした。

為替相場の感覚がついていっていません・・・


サブプライム問題の影響は金融市場を揺るがすほどではないと言いますが、どれくらいの規模なのか経済活動のなかでの比率はどれほどなのかという実態はどこで調べても出てきません。

要人の発言も実態を知らずにされているのでは?と思ってしまうほどです。
リスクを考えるとより悲観的な範囲まで想定するのが投資というもの、実態がはっきりすればサブプライムも段々織り込まれてくるように思います。

ドル円の為替相場としては


為替話続き
posted by 為替tomo at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年08月17日

米8月製造業景気指数0.0

米国フィラデルフィア連銀が16日発表した
8月の製造業景気指数は0.0 です。。

8.0じゃないです0.0です。。。

前月である7月の9.2
今月市場予想の平均が8.6
で前月は勿論、市場予想よりも大幅に悪化です。


日本時間の朝のペルーの地震
死者350人、1000人以上が負傷
予想以上に大きな災害となっています。
これ自体は直接関係ないですけど
激震ですね


ドル打診買いするか迷っていましたが
まだしばらく様子見です
サブプライム諸問題と製造業景気指数0.0で
イラクの自爆テロも手の負えないとなると
113円台はキープできないでしょう

そうなると
112付近の攻防はどうなるでしょう。
久しぶりに相場が下げて行き過ぎてきました。
為替相場経験が長い人は
やっと本腰が入る感じでしょうか?

さわかみファンドの澤上さんなら(株式ですが)
こういうときに買うのが長期投資である!
とおっしゃいそうですね

私は115円のリスクが常にあると思ってきましたが
正直振り返って今週113円台が示現するとは思いませんでした。

個人的には現在、ドル円、ランド円、豪ドル円、ドルスイス、ユーロスイス、ユーロ円の順に注目しています。

ユーロ円も節目で反発があったのですが市況に飲み込まれています。
もとより押し目の無い欧州通貨だったので下落も仕方無しでしょう。

下落のFX相場の見込みをつけるには

為替話続き
posted by 為替tomo at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

ランド円指値ドル円反発目安


サブプライムをきっかけにした株式、為替のオーバーシュート相場もここまでくると1つのすごい事を体験できたという喜びが出てきませんか?

職務トレーダーの方にとっても、後の語り草になりそうな久しぶりの大相場です。

今日の指値
2007/08/17 ランド/円
IFD1 14.25 指値 20,000 通常 買 DAY

2007/08/17 ランド/円
IFD2 14.70 指値 20,000 通常 売 GTC



昨夜からの指値

GTCで継続
発注済 2007/08/17 ランド/円
12.80 指値 10,000 通常 買 GTC C03917986

DAY指値で終了
不成立 2007/08/17 ランド/円
13.80 指値 10,000 通常 買 DAY C03918531
不成立 2007/08/17 ランド/円
13.10 指値 10,000 通常 買 DAY

南アフリカランド円買い指値 まとめ
14.25 2万 IFDですぐ売り
12.80 1万 長期ロング


ドル円111.50で打診買い指値 

ドル円は・・・

為替話続き
posted by 為替tomo at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07後期

2007年08月19日

FX為替相場のプロもロスカット

FXニュースレター代表の斎藤登美夫さん
トレイダーズ証券為替番組TVのコメンテーターでもあります
為替にまつわる広い知識をお持ちで話題が広く、参考になります。

為替専門誌記者生活を経て為替情報会社『FXニュースレター』の代表
ディーラー、アナリスト、霞ヶ関などの豊富な人脈を生かした取材・情報提供には定評があるといわれる斎藤さんですが

レバレッジ10倍以下で置いておいたあるFX取引会社で
はじめて強制ロスカットの発動がかかったと告白されています。

今回ここまでの急落は不自然といえますが「後悔先に立たず100%自身の自己責任。ストップロスをおかなかった」という自分自身の問題とされています

斎藤さんがある業者から聞いたところによると
「少なくとも過去5年間で最高の強制ロスカット発動件数だった」
とのこと。

それだけすごい急落相場ですが、

為替話続き
posted by 為替tomo at 12:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年08月30日

長期チャート他実需売買で

FX為替相場取引で不安定な相場を乗り越え、
為替相場の動きの根底の流れをつかむために・・・

-実需の為替取引-

為替、株式相場のボラティリティーの増大
為替相場としては上に行くのか下に行くのか不安定な状態が続いています

長期的な流れとしては2006年11月09日の記事
ドル円長期相場チャート11月の流れがありました。

その後ドル円チャートは上抜け、大掛かりなドル円、クロス円上昇が起こりました。
為替アナリストたちの半数はドル円125円を超えるか、130円かとドル円上昇を予想するようになったのが2007年の前半相場でした。

私は120円を超えてからはドル円を買えず、両建てで決済したままポジションをスクウェアにしたままでした。
つまりドル円ではスワップ利益もありません。

ドルスイスでは高値とはなっていない為、買いポジションを持ち続けてはいます。
ただし、スイスはユーロ上昇につられて上昇、スワップ利益は差益を上回ることもあるものの差益だけではまだまだプラスが難しいところです。

ドル円は125円に届く時に売りを一枚だけ始める予定でしたが相場はそこまでいかず、勢いを失いました。

そこに以前からくすぶっていたサブプライムローン問題の深刻さがきっかけになってドル円はもちろん、クロス円も大幅に下落しました。

ドル円長期相場チャート11月の時と似た状況があります。
あの時一旦超えたはずの下降線をあっさり下に下げてしまい、それでも110円には簡単に落ちないため、相場全体が迷っているように見えます。

ドル円が110円を切れる動きがあるのか、117円を明確に買い上がっていく動きになるのか?為替は株の動きに敏感になっています。

いまも、
為替話続き
posted by 為替tomo at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。