2007年07月11日

ドル円急落2

ドル急落ですが一目で見ればまだ反発位置は

日足の雲上(いまここです)
日足の雲の中から雲の下

週足の雲上
週足の雲の中から雲の下
と四つあります。

これと過去のサポート&抵抗ラインが重なっているところに注目です。
自分のポジションがどこまで下がっても大丈夫か資金管理が大切です。

特に119円後半の抵抗ラインは簡単には下回らないはずですが

もっと為替相場を読む
posted by 為替tomo at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

ドル急落の幅を予想

ドル円が急落しています。

慌てることはありません。
こんなときの為にレバレッジを低くしたり、高値では買いに入らないようにしてきたのです。
(私はドル円はスクエア=120円越えるころ両建てでポジション利益確定してありました)

ドル急落の原因はそれほどはっきりとしたきっかけはありませんでした。
ドルの勢いの衰え?
5月米卸売在庫の0.5%やバ−ナンキFRB議長講演も直接の影響があるような内容でもなく
あえて上げるならアメリカのヘッジファンドの損失決算不安があるとされているようです。
でも結局はポジション調整の流れが一気に広まったということでしょう

NYダウのほうは 13,501.70
(05:04) -148.27

日経の方も多分下げるんでしょう。

さて、ドルですが








為替相場を読む
posted by 為替tomo at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年07月27日

円高でドル円は

急な円高が進んでいます。

円独歩高に近い状態と言っていいでしょうか
きっかけは特別な指標などではなく
前からあったはずの米国経済の不安再燃

サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅ローン)担保債権への
格付け引き下げなどが影響しているようです

米住宅市場へ投資しているヘッジファンドや金融機関に対する不安にもつながり、リスク回避のうごきと思われます。

米国株安、シカゴ日経先物、それぞれ大幅に下落
このたびのドル安も加わって
今日の日本の株式市場は全体に大きく下げる可能性があります。

日経225も何百円か下落しそうな気がします。

ドル円は118円に迫る状態
為替tomoのまつ117円台まで落ちてくるのでしょうか。

さらに116円台を再び見ることが出来るのでしょうか
怖いような楽しみなような感じです

ドルだけが下げたということでもなく、キャリートレードの手仕舞いも見られます。

香港ドル/円は下げています。USD/HKDはほとんど下げていません
オセアニア通貨対円で下げています。




posted by 為替tomo at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。