2007年02月01日

ユーロドル利益確定指値

受付済 2007/02/01 10:44 ユーロ/ドル 1.3035 指値 10,000 ユーロ 売 GTC

ドルスイス買ポジションのリスクヘッジのため
ユーロドルの買いポジションを作っています。

FOMC発表後でドルの勢いが無くなり、ユーロドルが上がっています。
ドルスイスも下げました。

ユーロドルのこれまでの指値は1.3090

1.3070までは行くだろうと思っていたのでが足踏み状態になりました。
もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07前期

ユーロドル・ドルスイス約定

ユーロドル
ユーロドルの利益確定は記事を書いているうちに約定したようでした。

100ドル強の利益確定です。
ここまでは上出来です。 よかった(=^o^=)です〜

それから・・・
ドルスイス
スイスの指標が出た後で気がつき、あわてて成り行きに近い形でドルスイスを2枚買い増してしまいました。その後値を切り下げています。

取得レートは

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07前期

2007年02月05日

ドルスイス2月初めの失敗記録

 決済日 通貨ペア  累計スワップ 手数 料 損益  取引日 レート 通貨
02/05ドル/スイス0.00スイス-500-12,459.00スイス02/011.245910,000
02/05ドル/スイス0.00スイス-50012,413.00スイス02/011.241310,000
-小計-0.00スイス-1,000-46.00スイス
02/05ドル/スイス0.00スイス0-12,459.00スイス02/011.245910,000
02/05ドル/スイス0.00スイス012,389.00スイス02/011.238910,000
-小計-0.00スイス0-70.00スイス
02/05ユーロ/ドル-4.32米ドル-500-12,925.00米ドル01/251.292510,000
02/05ユーロ/ドル0.00米ドル-50013,035.00米ドル02/011.303510,000
-小計--4.32米ドル-1,000110.00米ドル
-合計--4.32米ドル0.00米ドル110.00米ドル
 -合計-   0.00 スイス 0.00 スイス -116.00 スイス  
      -2000 円    



ドルスイスを慌てて買い増ししたあとの決済状況です

ユーロドルで110ドルほどの利益を確定したにもかかわらず、それをまるごと失うという失敗をしてしまいました。

スイス指標後にドル上昇トレンドと間違えて慌てて2枚買い増し
計4枚のドルスイスを保有しました。
レバレッジは4倍程度なので別にたいした危機でもなかったのですが
一応1枚は早めに決済して3枚にする予定でした。

そこで買い増しした2枚のうち1枚を決済指値設定。
ここでこれまでのもち玉(従来のポジション)の利益確定を1枚外そうと考えたのです。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07前期

2007年02月06日

スイスフランの上昇にご用心

スイスフランの売られすぎを懸念する考え

スイス国立銀行の理事会メンバーに指名されているトーマス・ヨーダン氏のコメントがユーロスイスの相場をじわり動かした感じでしょうか。

「スイスフランが下落すればするほど、キャリートレードを行う際の投資家のリスクはさらに高まる。」

「スイスフランの急激な上昇が起こった時は、スイスフランのショートポジションを取っていたり、先物を売っている投資家の大きな損失につながる」と指摘しています。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

トレイダーズ証券指値

トレイダーズ証券での指値です。

トレイダーズ証券は取り扱い通貨ペア、ドル円、ユーロドル、クロス円です。
円安が進んだ今、円売りに慎重なわたくし為替tomoとしてはほとんど取引がございません。
ですがクロス円通貨は追加され充実してきましたしシステムの使いやすさは気に入っています。

IF-OCO2ランド/円 2007/02/06 07:42ストップ1万14.95GTC 待機決済
IF-OCO2ランド/円 2007/02/06 07:42リミット1万16.70GTC 待機決済
IF-OCO1ランド/円 2007/02/06 07:42リミット1万15.60WEEK 有効新規
IF-DONE2ユーロ/円 2007/02/06 07:34リミット1万155.50WEEK 待機決済
IF-DONE1ユーロ/円 2007/02/06 07:34リミット1万153.40WEEK 有効新規
IF-DONE2ドル/円 2006/05/12 13:25リミット2万106.20GTC 待機決済
IF-DONE1ドル/円 2006/05/12 13:25リミット2万105.30GTC 有効新規



指値は一応レンジ相場になったときのサポートラインになりそうなところにおいています。


もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07前期

2007年02月08日

欧州・米国の指標予定

ドルスイスは1.2400付近で張り付き状態
スイスのこれまでの指標はおおむね予想通りです

欧州・米国指標予定

      数値は前にあるものが今回予想 後ろが前回結果
スイス指標
15:45 消費者物価指数-1月    -0.3%  0.0%
15:45 消費者物価指数-1月(前年比) 0.5%  0.6%
15:45 SECO消費者判断-1月 14 13

ユーロ圏
もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年02月11日

ドル円の要注意ライン

テクニカルだけで見たドル円の要注意ラインを見てみました。

この2週間の為替相場の雰囲気
G7の関係でクロス円を中心に下落の様子が見られました
欧州の円警戒発言と米国の擁護発言で下げた後
もどしていくという展開になりました。
為替相場全体としては金利差重視の展開が継続中です



最近のドル円
日足
下降線を描くかと思われたが支持線で反発し今回の下落分を復活

ボリンジャーでは上昇傾向は崩れず、基準の中心線を上回り押し目買いの形になりました。

この形になって60分足では完全に押し目買いで為替の教科書的に上昇


要注意ライン日足
※その反面前回の頂点ドル/円122円付近では丁度値幅的にもボリンジャーの上限と重なり、強い売りがありそう

買い参加の場合、
もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 08:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年02月14日

ドル、スイスと円に弱く推移

ドル円が落ちています。
ドル円ほどではありませんが、ドルスイスも弱くなっています。

ドル円の要注意ラインではテクニカルの要因についても紹介しています。

ドルとの金利差が大きいキャリートレードの通貨ペアが若干手仕舞いされているのでしょうか。

キャリートレードはヘッジファンド等の有力な運用法の一つです。

先日のヘッジファンドへの各国の注目度がとりあえずのところ、じわりと効いているのかもしれませんね。

・・・かといって売りに参加してもまた反対向きになりそうでこわいです。ハイレバレッジでされる方はどちら向きもどうか慎重になさってください。

私のほうは特に指値もありません。
ランド円は思ったより随分底堅いです。
かといってこのレベルでは・・・
私の感覚ではユーロポンドが少し気になる動き方です。

それでは良いトレードを。



posted by 為替tomo at 22:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年02月17日

ドル円・ランド円指値

ドル円とランド円の指値です。

ドル円、やっと落ちてきました

忙しいので大体です 自信なし
というか普通はここまで落ちないです 

ドル/円 2007/02/17
00:44
新規 115.9010,000リミットWEEK 通常有効
ランド/円2007/02/17
00:39
新規 16.4010,000リミットWEEK 通常有効




ランド円はランドで債券買ったつもりで含み損を気にせずに
行くならいいかなと思って。

良い週末を・・・
posted by 為替tomo at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07前期

2007年02月19日

ドル円ランド円週足チャートを見ると

週足で見ると、ドル円は118円半ば付近で買い参加を待ち構えている人が結構いそうな気がするのですがどうでしょうか。

ユーロドルからみても上昇ラインと下降ラインを保存しながらペナントを形成しているように見えます。

ドルの取引はあいかわらず先の見えない形が続きそうです。

指標や発言と共にいずれどちらかに抜けていくのかもしれません。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年02月20日

ユーロポンド売り指値

発注済
2007/02/20 08:12 ユーロ/ポンド

IFD1 1.6770 指値 10,000 ユーロ 売 DAY

IFD待機中
2007/02/20 08:12 ユーロ/ポンド

IFD2 1.6530 指値 10,000 ユーロ 買 GTC

ユーロポンド戻り売りです
 
ユーロはドイツの成長などの発言で強含み状態です
ユーロポンドもどうなるか難しいところです。

posted by 為替tomo at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引07前期

2007年02月21日

ユーロポンドその後、ドル円の相場

ユーロポンド指値は惜しくもヒットせず

その後下降して展開としては思ったとおりでした。

日銀がやっと金利を0.25あげました。

ドル円は一度下げたところで買が入りレベルとしては踏み上げに。
一般的には121円超えていけば追随買い
120.50以下で失速なら戻り売りが
「テクニカル」ではいいと思いますが

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年02月23日

金価格長期チャート



金価格チャートです。
5年間の金価格の長期チャートを見ると
誰も見向きもしなかった時代に買い付けることが出来ればこんなに上昇するものかと思います。

金価格長期チャート.GIF

ただ、

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長期チャート

2007年02月24日

ドル、レンジ相場か

テクニカルではユーロドルに上髭が出ていますね。

ドル円では下げた分だけ上げてまた上値を抑えられ、三角持合(ペナント)形成の雰囲気を持ってきました。

ユーロドルはこの1年ほど素直な通過ペアに思えない動きだったように思います。
だましが多く、スッキリしない正確をおびてきた気がします。

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場

2007年02月27日

国内総生産ギャップ

国内総生産差(GDPギャップ・需給ギャップ)が、プラス転換

GDPギャップ2006年10〜12月期計算が
プラス0・6%となりました。

内閣府の発表によると、1997年1〜3月期(プラス0・6%)以来、9年9か月ぶりにプラスに転じたそうです。


GDPギャップは、日本経済全体の実際の需要と供給能力の差をあらわすものとされます。

サービス、物資、人材も含めて、これから余っている時代が終わろうとしているということですね。

為替の面では円の需要が増して来るでしょう。

すぐに

もっと為替話を読む
posted by 為替tomo at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。